【国葬反対派の有名人芸能人まとめ】なぜ?その理由と世論調査の割合

国葬反対派の有名人芸能人と世論調査の割合

2022年7月9日の銃撃事件で亡くなった
安倍晋三元総理の国葬が、9月27日に日本武道館で行われることが決定しました。

全額国費(=税金)から負担される国葬ということもあり、

多くの国民からは反対の意見、非難の声が上がっています。

同時に、有名人や芸能人でも、国葬に反対する考えを表明している人もいて、今後、さらに国民の意見の対立が予想されます。

その国葬に反対する有名人・芸能人とは一体誰なのでしょうか

その反対派の人物と国葬反対の理由、
また世論調査の反対派の割合
についても見ていきたいと思います。

目次

【国葬反対派の有名人芸能人まとめ】なぜ国葬反対?その理由

①加藤浩次(タレント)

2022年7月22日、情報番組『スッキリ』でMCを務める加藤浩次さんは、安倍晋三元総理の国葬についてこう述べています。

【加藤浩次】
「自民党や政府側の方が国葬でって気持ちはすごい分かる」

安倍元総理が銃撃による悲劇的な亡くなり方をしたため、理解を示しつつも、

【加藤浩次】
「合同葬で僕はいいと思いました」
その理由は「国民の反対が少なくて済む」として、国民の分断を避け「安倍さんがやってきた功績がもっとたたえることになる」

この加藤浩次の意見とその理由には、
『一般人の考えを持った人』『腑に落ちる』といった賛同の声が多く出ていました。

今の経済状況や日本のコロナの状況(2022年7月、過去最高の感染者数を更新)を見ても、

一般的に葬儀は簡素化している中での『総額2億円国葬』に疑問を持つ人が多いのも確かです。

②ラサール石井(タレント)

安倍元総理の国葬に反対のラサール石井

ラサール石井さんは2022年7月17日のツイッターで、

朝日新聞に掲載された朝日川柳の画像を添付し、元総理の国葬を揶揄した川柳を『素晴らしい!』とツイートしています。

安倍元総理の国葬に反対のラサール石井のツイート

【ラサール石井のツイート】

『疑惑のあった人が国葬そんな国』(⬅︎一般人の投稿の川柳)
『国葬って国がお仕舞いということか』(⬅︎一般人の投稿の川柳)
素晴らしい!
国葬に反対する人を非国民のように言い死を悼まない人間だと攻撃するのか。
こんな川柳が生まれるのは国が健康だということ。ユーモアも風刺も封殺する国は滅ぶ。
#安倍晋三氏の国葬に反対します

ラサール石井さんはこのツイートの他にも、

【ラサール石井】

川柳は庶民の声なき声 安倍晋三氏の国葬に感じたのは「まるで国王のようだ」という違和感

とも言っています。

今回の朝日川柳の問題で、言論や表現の自由について否定はできませんが、

遺族感情を考えると安易に発信できない内容であり、風刺に値するのかとも感じます。

③前川喜平(元文部科学省次官)

安倍元総理の国葬に反対の前川喜平のコラム

元文部科学省の次官だった前川喜平さんは、

2022年7月17日の東京新聞のコラムの中で国葬について、反対の意見とその理由を述べています。

【前川喜平】
なぜ故安倍晋三氏を国葬にするのか、全く納得いかない。
葬儀は伴いの儀式だ。(中略)
国が葬儀をするということは、国民こぞって悲しめ悼目と要求することだ。それは国が人の心に押し入り、人の心を総員することだ。
僕は自分の心を動員されたくない。だから国葬には反対だ。

特に安倍氏の国葬には大反対だ。憲法を破壊し、日本の立憲政治を堕落させた人だからだ。(中略)

国葬の本当の理由は、自民党内での親安倍勢力を繋ぎ止めておきたいという党内政治だ。国民を巻き込まないでくれ。

前川喜平さんの個人的な思いや考えはあるとして、

コラムの最後の『国葬の本当の理由は党内政治だ』という点には、遺族感情からすると巻き込まれたくないのが本音ではないでしょうか。

④橋下徹(元大阪府知事•弁護士)

安倍元総理の国葬に反対の橋下徹

元大阪府知事で弁護士の橋下徹さんは、2022年7月16日の「News BAR橋下」に生出演し、安倍晋三元総理の国葬について反対の意見を述べています。

【橋下徹】
「僕も国葬にも十分に値する。安倍さんとの付き合いからそう思う」「ただ、今回のやり方での国葬は反対なんです」

今の状況での国葬反対の理由として、

【橋下徹】
「安倍さんに対する評価が功罪あるから国費を使うべきじゃないとか、礼賛になるからやるべきじゃないとか、そういう考えじゃない」

やっぱり法治国家ってルールを決めて、それに適合するからやる。適合しないならやらないというのが大原則。そこを人を見て感覚的に『この人は国葬』『この人は国葬じゃない』とか(やりだしたら)、じゃあ元総理だったら、菅(直人)さんとか、鳩山(由紀夫)さんどうするんだ?って話になったとき、みんな答えられなくなっちゃう

と説明しています。

確かに感覚的に決められた要素は感じますし、
客観的な根拠やルールをもとに決められたものではないように感じます。

過去に安倍元総理が主催し問題となった『桜を見る会』においても、橋下徹さんは言及しています。

【橋下徹】
「あの時に日本政府は反省したんですよ。ああいうやり方ではよくないと。あれは政治イベントと行政イベントを混在しちゃった」

今回の安倍元総理の『国葬』について、この『桜を見る会』の反省が生かされていないと言及しています。

国葬決定について世論調査まとめ!反対派の割合は?

①NHK世論調査

安倍元総理の国葬に対するNHK世論調査

NHKは、7月16日〜18日の3日間、全国の18歳以上を対象に世論調査を実施しています・

政府が閣議決定した安倍晋三元総理大臣の「国葬」について、

この方針への評価を聞いた結果、「評価する」が49%、「評価しない」が38%でした。

【NHK世論調査】Q、安倍晋三元総理の国葬決定について
「評価する」が49%
「評価しない」が38%

NHKの世論調査では、安倍元総理の国葬を評価する、現政権への決定を支持する声が多く見られました。

②FNN(フジニュースネットワーク)世論調査

安倍元総理の国葬に対するFNN世論調査

FNN(フジニュースネットワーク)が2022年7月23日24日の両日で、
全国の18歳以上の男女を対象にした電話世論調査を実施しています。

2022年9月27日に開催予定の安倍晋三元総理の国葬について、

全国1,138人から得た回答は、上記の画像のとおりです。

【FNN世論調査】Q、安倍晋三元総理の国葬決定について
・よかった 50.1%、
・どちらかと言えばよかった 19.1%

・どちらかと言えばよくなかった 14.8%
・よくなかった46.9%

「よくなかった」は32.1%、「どちらかと言えばよくなかった」は14.8%。

あわせて46.9%の人が「よくなかった」と答えています。

安倍元総理の国葬に対するFNN世論調査

次は年代別に見ていくと、

【FNN世論調査】Q、安倍晋三元総理の国葬決定について
・18・19歳を含めた20代は、「よかった」67.3%、「よくなかった」31.4%
・30代は、「よかった」62.7%、「よくなかった」30.3%
・40代は、「よかった」52.5%、「よくなかった」46.7%
・50代は、「よかった」44.4%、「よくなかった」51.7%
・60代は、「よかった」44.4%、「よくなかった」54.2%
・70歳以上は、「よかった」39.1%、「よくなかった」57.0%。

年齢の若い人ほど「よかった」と答える人が多く、年齢の高い人ほど「よくなかった」と答える人が多い傾向であることがわかります。

今の10代後半・20代には、
『森友学園の決裁文書改ざん問題』『加計学園の獣医学部新設』

のいわゆる『モリカケ問題』や『桜を見る会』自体を知らない人が多いことも影響していそうです。

③森本毅郎のラジオ番組でのリスナー調査

安倍元総理の国葬に対する森本毅郎のラジオリスナー調査

キャスターの森本毅郎さんがMCを務めるラジオ番組、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!』では、

リスナーに安倍晋三元総理の国葬について直接意見を募集。

2022年7月15日の放送時間中にラジオ内で発表しています。

【森本毅郎】
「いやいやいやいや、たくさん来ました。皆さんの関心の高さを示しているようで…。しかも反対が95%。びっくりしちゃいますね」

「テレビの映像で毎日のように花を手向ける人たちの列が報道されているんで、結構、安倍さんを悼んで賛成する方が多いかと思いましたが95%が反対でした」

このラジオの中での調査が世間一般の国葬に対するリアルな声なのかもしれません。

【関連記事】安倍元総理の自宅マンションの所有者は義母の洋子さん!
安倍元総理亡き後、嫁の昭恵夫人このまま住む?それともお引越し?⬇︎⬇︎⬇︎

【関連記事】桜田淳子さんの2022年現在の姿画像!統一教会のイベントで熱唱する桜田淳子さん⬇️⬇️⬇️

目次