【顔画像】三谷幸喜の嫁yumaは元女優で馴れ初めは?辻仁成と不倫?

三谷幸喜の嫁yumaの顔画像

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の脚本や
人気ドラマ『古畑任三郎』の脚本などで
大人気の脚本家・三谷幸喜(みたにこうき)さん。

その三谷幸喜さんには再婚した嫁がいるのですが、
その存在はあまり知られていませんよね。

またその再婚した嫁は元女優yumaと言って、
女優・中山美穂さんの元旦那の辻仁成と
深い関係だったことがyumaさんの出演履歴を見れば一目瞭然。

また三谷幸喜さんとyumaさんの子供も1人いて、
過去に写真週刊誌にスクープされています。

そこで今回は
・三谷幸喜の嫁の元女優yumaとはどんな人?
・三谷幸喜と嫁yumaの馴れ初めは?子供は何人で現在何歳?
・嫁yumaと辻仁成との不倫疑惑と芸能界引退

などについて詳しくお届けしていきたいと思います。

目次

【顔画像】三谷幸喜の嫁yumaは元美人女優

【顔画像】三谷幸喜の元嫁は女優の小林聡美

三谷幸喜さんは1995年に、
個性派女優の小林聡美さんと1回目の結婚します。

その際の結婚会見が爆笑会見で、
報道陣から『腕を組んでください』と言われ、
当時嫁の小林聡美さんは『嫌です』と一言。

しかし、その後、三谷幸喜さんと小林聡美さんは
2人それぞれが腕を組みドヤ顔するという爆笑会見をしました。

個性派同士の結婚でしたが、
6年間の結婚生活を経て2人は2011年に離婚しています。
2人の間に子供はいませんでした。

その後、三谷幸喜さんは現在の嫁のyumaさんと出逢います。

【顔画像】三谷幸喜の嫁は元女優yuma

元嫁小林聡美さんとの離婚してから2年後の
2013年7月に三谷幸喜さんは元女優のyumaさんと結婚します。

yumaさんの本名は中山佳織さんと言って、
1980年生まれの現在42歳。(2022年現在)

旦那の三谷幸喜さんが61歳になるので、
19歳年下の奥さんになります。

yumaさんのプロフィールをまとめてみます。

名前:三谷佳織(みたにかおり) 旧姓は中山佳織
生年月日:1980年10月4日 42歳(2022年現在)
出身地:静岡県
血液型:B型
身長:164cm
趣味:声楽(イタリア歌曲等)、水泳、フルート、クラシック鑑賞、読書

職業:元女優、現在は引退して一般人

元女優yumaの経歴

yumaさんは1980年に静岡県で生まれ、
1983年に父親の仕事の関係でカナダのトロントに移住。

その後、yumaさんは1988年に日本に帰国し、兵庫県神戸市に在住。
1996年には静岡県清水市・東京都立川市と転居を繰り返しています。

高校時代には文化祭でyumaさん自らミュージカルを企画し、
自ら監督・脚本・演出を担当しています。

脚本家であり映画監督でもある旦那の三谷幸喜さんとの共通点が伺えますね。

また、yumaさんは高校時代から趣味で声楽を習い始めています。
その後、歌手としてもデビューしています。

yumaさんは1998年に、
作家の辻仁成さんの初監督の映画『千年旅人』の
公募ヒロインオーディションで主演の座を勝ち取り女優デビューします。

しかし1998年〜2001年の約4年間芸能活動をした後は、
ひっそりと引退をしています。

脚本家の三谷幸喜さんと出会った頃には、
女優をやめていたyumaさんがどのようにして出会ったのか
2人の馴れ初めを見ていきたいと思います。

三谷幸喜と嫁yumaの馴れ初めは?子供は何歳?

三谷幸喜が一般人yumaとの結婚発表

2013年8月1日、当時52歳だった三谷幸喜さんは、
当時一般人と発表されていたyumaさんとの再婚を発表します。

当時yumaさんは33歳で、すでに芸能界は引退していました。

下記が結婚の際に三谷幸喜さんが連載していたエッセーでの結婚報告です。

奥さんになる人は、今年で33歳になる、丸顔の一般女性です。
お付き合いを始めたのは昨年から。
今年の2月に僕が長年連れ添った愛犬を亡くし、元気がなかった時に、そばて励ましてくれたのが彼女でした。
その頃から結婚を意識するようになりました。
今のところ、挙式の予定はありませんが、涼しくなった頃に、ごくごく身近な人たちと、ささやかにやりたいと思っています。

これをもってご報告とさせていただき、今後、この件についてお話しする用意はありません。
僕は極度の照れ性であり、妻は一般の女性ということもありますので、取材等々はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。三谷幸喜

デイリー

三谷幸喜と嫁yumaの馴れ初めは?

脚本家と三谷幸喜さんと
元女優の嫁yumaさんとの出会いですが、同じ作品での共演かと想像する人も多いかもしれません。

三谷幸喜さんがyumaさんと出会った時は、
すでにyumaさんは女優を辞めていました。


yumaさんが女優を辞めた理由については、

ある男性との不倫疑惑が疑われて芸能界を引退したと報じられています。
その引退理由については後述します。

【三谷幸喜と嫁yumaの馴れ初め】

三谷幸喜さんが脚本をした作品『ステキな金縛り』を制作していた
制作会社のスタッフがyumaさんだったのです。

『ステキな金縛り』は2011年に公開された映画で、
その公開から2年後の2013年9月に結婚。

三谷幸喜さんの1回目の結婚の時は、
結婚相手も女優であったため結婚会見をしています。

しかし、2度目のyumaさんとの結婚は公表することなく、
写真週刊誌にスクープされる形で報じられています。

三谷幸喜と嫁yumaの子供は何歳?

三谷幸喜と嫁yumaさんの間には、
2014年6月に男の子が誕生しています。
・2022年現在、子供の年齢は8歳になります。


2人に子供が誕生した時、
三谷幸喜さんは52歳、嫁のyumaさんは33歳。

かなり高齢でパパになった三谷幸喜さん。

その後は子供が生まれたとの情報がないので、子供は現在1人になります

三谷幸喜さんは初婚の際に、
小林聡美さんとの間に子供がいなかったので、
とても嬉しかったでしょうね。

【動画】三谷幸喜の嫁yumaは辻仁成と不倫疑惑で引退

【動画】三谷幸喜の嫁yumaと辻仁成プロデュース

三谷幸喜の嫁yumaさんが芸能界に入ったきっかけは

作家・辻仁成さん監督の映画『千年旅人』のオーディションでした。

そのオーディションで、
1200人の中からヒロインに選ばれて女優デビューしています。

その映画の主人公の名前『ユマ』が、
芸名の『yuma』として女優業を始めています。

yumaさんはその後も数々の作品で辻仁成さんの作品に出演します。

【yumaと辻仁成の共演作品一覧】

・1998年、辻仁成初監督映画『千年旅人』ヒロインにyumaが抜擢
・1999年、辻仁成のライブ6本に音楽ライブに出演、辻仁成のトークライブに出演

・1999年、辻仁成プロデュースでCDリリース
・2001年、辻仁成監督映画『ほとけ』にユマ役で出演
・yumaの曲『アカシア』『光の子供』を辻仁成がカバー

yumaさんのわずか4年間の芸能活動の中のほとんどが、
辻仁成さんのプロデュース作品に出演していることがわかります。

三谷幸喜の嫁yumaは辻仁成と不倫疑惑で引退

ここで、気になることは、
yumaさんを辻仁成さんがプロデュースしまくっていた時期です。

この頃、辻仁成さんは女優の南果歩さんと結婚していました。
時系列でまとめます。

【yumaと辻仁成と南果歩の三角関係】

・1995年、辻仁成と南果歩結婚
1998〜2001年、yumaの辻仁成プロデュース時期
2000年、辻仁成と南果歩が離婚

辻仁成さんと女優の南果歩さんが離婚した際に、
報じられていた離婚理由は、
辻仁成さんがyumaさんに深い関係にあったためと言われてます。

そのことも関係しているのか、
yumaさんは芸能界を引退し、制作会社に転職をしています。

しかし、その制作会社への転職のおかげで、
現在の旦那の三谷幸喜さんと出会い結婚をしています。

売れっ子作家の辻仁成さんから、
人気脚本家の三谷幸喜さんへと次々と大物を手に入れて行くyumaさん。

三谷幸喜さんが全くプライベートを明らかにしないだけに、
今後も三谷幸喜さんの嫁として注目されそうですね。

目次
閉じる