【顔画像】西原理恵子の娘•鴨志田ひよは舞台女優!不仲の母の毒LINE

【顔画像】西原理恵子の娘•鴨志田ひよのブログとLINE

漫画『毎日かあさん』の著者・西原理恵子(さいばらりえこ)さんの実の娘の鴨志田ひよ(西原ひよ)さん。

その鴨志田ひよさんのブログが闇すぎると話題になっています。

闇の理由は母親である西原理恵子さんとの長年にわたる超絶不仲。

また、鴨志田ひよさんは西原ひよさんの名前で舞台女優をしていたことも判明し、女優活動の際の顔画像も特定!

そこで今回は
・鴨志田ひよさんの顔画像や経歴
・鴨志田ひよさんの舞台女優としての活動

闇すぎる鴨志田ひよさんのブログ
・鴨志田ひよさんと母親の西原理恵子さんの不仲、母親からの毒LINE

目次

【顔画像】西原理恵子の娘•鴨志田ひよは舞台女優

西原理恵子とアル中の夫の関係

【顔画像】西原理恵子の娘•鴨志田ひよのブログとLINE

まず西原理恵子さんのプロフィールから見ていきます。

名前:西原 理恵子(さいばら りえこ)
生年月日:1964年11月1日
年齢:57歳(2022年時点)
出身:高知県高知市
職業:漫画家

家族:現在のパートナー(事実婚)は高須克弥

西原 理恵子さんは漫画『ぼくんち』や『毎日かあさん』などが代表作の人気漫画家です。

西原 理恵子さんの元夫は戦場カメラマンの鴨志田 穣(かもしだ ゆたか)さんで、アルコール依存症による暴言・家庭内暴力などで精神病棟への入退院を繰り返し、2003年に離婚。

しかし離婚後も西原理恵子さんは元夫の鴨志田 穣さんのアルコール依存症をサポートするも、2007年に腎臓がんのために亡くなっています。

鴨志田ひよさんはかなり波瀾万丈な幼少期を過ごしていることがわかります。

これらの出来事は西原理恵子さんの漫画『毎日かあさん』などに詳細に描写されています。

西原理恵子さんの『毎日かあさん』は、その後映画化もされ、小泉今日子さんとリアル元旦那の永瀬正敏さんが夫婦役を演じています。

この中の女の子が鴨志田ひよさんに当たります。

西原さんの漫画を読むと、この映画がかなり実態に近い状態で描かれていることがわかります。

【顔画像】西原理恵子の娘•鴨志田ひよは舞台女優

【顔画像】西原理恵子の娘•鴨志田ひよのブログとLINE

西原理恵子の実の娘・鴨志田ひよさんの本名は西原ひよさん。

名前:鴨志田ひよ
本名:西原日和(さいばらひよ)

女優としての活動名:西原ひよ
生年月日:2000年6月8日
年齢:22歳(2022年時点)
職業:舞台女優

鴨志田ひよさんは2022年現在大学生で、
2015年の高校生の頃には舞台女優をしていたことが明らかになっています。

【顔画像】西原理恵子の娘•鴨志田ひよのブログとLINE

それは母親である西原恵理子さんのこんなコメントから。

【西原理恵子】
「娘は今、演劇やって、女優さんやってるんで、ナマイキで口が立つ(笑)。」

現在は大学に一人暮らしをしながら、大学に通っていて、女優活動を確認することができませんでした。

他にもTwitterにはこんな書き込みが

大学生となった現在の女優としての活動は確認できませんでしたが、現在は主にはてなブログで日々の思いを発信しています。

西原理恵子の娘•鴨志田ひよの闇ブログ

西原理恵子の娘は鴨志田ひよさんの名前で、2020年2月からはてなブログを開始。
不定期に更新しています。

しかし、そのブログの内容が闇すぎると話題になっています。

今回話題になっている闇ブログの内容がこちらです。

【鴨志田ひよのブログ①】
・母親の西原理恵子が無断で自身の出版物に本名、外見、仕事歴、精神病を掲載し、お儲けした
・精神科で家庭環境を聞かれ、児童相談所に通報しますと言われた
・兄は自宅の洗面所を使うことを許されていたが、自分は許されていない

【鴨志田ひよのブログ②】
・母親はあば●れ、ク●女、ヤ●マン、ゴミなどと言ってきて、そのため精神病になった
・そのせいでバイト先に変なおじさんがきた

【鴨志田ひよのブログ③】
・最初は大学の学費を出さないと言ってきたが、勝手に振り込んできた
・高校3年の3学期、毎日過呼吸や手首がズタボロ(リスカ)になるまで罵られた
・5万円を毎日突然渡してきて、ありがとうと言わなかったと永遠に罵られて、泣きながらありがとうございますというプレイを日々させられた

鴨志田ひよさんは母親である漫画家の西原理恵子さんに、

作品の中で個人情報をバラされたことに病んで自傷行為を働いていました。

その後、鴨志田ひよさんは病院に通院し治療して、当時のことをこうやってnoteに書き出すようになったと言います。

最後に、鴨志田ひよさんの父親への想いが綴られています。

【鴨志田ひよ】
愛する鴨志田穣さん、私のお父さん。
苗字を借りました、ありがとうございます。
ずっと一緒にいるなってきもちが、一番で。今までもそうだったけど、それ以上に。

母親である西原理恵子さんとの関係が長年不仲の中、

すでに亡くなっている実の父親に対する想いが鴨志田ひよさんの心の支えだったようです。

【関連記事】西原理恵子さんの娘の鴨志田ひよさんの他のブログの内容はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

母親•西原理恵子と娘•鴨志田ひよの不仲と毒LINE

このLINE画像は母親である西原理恵子さんが、
娘の鴨志田ひよ(西原ひよ)さんに向けて送った問題になっているLINE画像です。

【鴨志田ひよ】
大学に行くのでお金は払って欲しいです

【西原理恵子】
払いません。働きなさい。

そして、母親の西原理恵子さんからのLINEはこう続きます。

【西原理恵子】
あなたへの18歳からの資金援助をやめます。
高校卒業まで家にいてもいいですが、そこからは出しません。

上のLINEにある『あの女の子の本』というのが、こちらの本。
『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』

この本の中で、鴨志田ひよさんは自分の個人情報(本名、外見、精神病病歴など)を詳細に書かれたことによって、さらにメンタルが壊れたと話しています。

今後、母親の西原理恵子さんのコメントが気になります。
また、これからの母子2人の関係にも注目されそうです。

【関連記事】西原理恵子さんの娘の鴨志田ひよさんの他のブログの内容はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

目次