西原理恵子の娘の闇ブログの内容が毒母すぎ!12歳で整形要求に兄と格差

西原理恵子の娘•鴨志田ひよの娘•鴨志田ひよの闇ブログの内容

人気漫画『毎日かあさん』の作者である
西原理恵子(さいばらりえこ)さんの娘のブログが闇すぎると話題になっています。

西原理恵子さんの娘の名前は鴨志田ひよ(かもしだひよ)さんで、

母親の作品の中で度々、娘さんを登場させプライベートな部分を赤裸々に晒しています。

一方、娘の鴨志田ひよさんは2020年からはてなブログを開設し、

当時の母親からの暴言や、兄と自分との激しい愛情格差、母との闇プレイなどを告白しています。

早速、西原理恵子さんの娘の鴨志田ひよさんの闇ブログの内容を見ていきたいと思います。

目次

西原理恵子の娘(鴨志田ひよ)とはどんな人

【顔画像】西原理恵子の娘•鴨志田ひよのブログとLINE

名前:鴨志田ひよ
本名:西原日和(さいばらひよ)

女優として芸名:西原ひよ
生年月日:2000年6月8日
年齢:22歳(2022年時点)
職業:舞台女優
現役大学生

鴨志田ひよさんは現在22歳の現役大学生です。

高校時代は『西原ひよ』の芸名で舞台女優として活動していたことが明らかになっています。
現在は目立った女優活動はないようです。

鴨志田ひよさんの母親は人気漫画家の西原理恵子(さいばらりえこ)さん。

父親は戦場カメラマンの鴨志田 穣(かもしだ ゆたか)さんで、2007年にすでに腎臓がんのため他界しています。

父親は生前、アルコール依存症と、
それによる暴言・家庭内暴力などで精神病棟への入退院を繰り返し、それが原因で2003年に両親は離婚。

その様子は母親の西原理恵子さんの漫画『毎日かあさん』の中でもリアルに描写されています。

鴨志田ひよさんはそんな幼少期を過ごし、現在は大学生になり、実家を出て一人暮らしをしています。

かなり複雑な家庭環境だったことは母親の作品からもわかるのですが、

実際はそれ以上にひどい暴言や扱いを受け、それが原因で精神病にもなったと話しています。

早速、鴨志田ひよさんのブログの内容を見ていきたいと思います。

西原理恵子の娘の闇ブログの内容

こちらの記事の内容は西原理恵子さんの娘・鴨志田ひよさんのブログの内容をまとめたものになります。
内容の真偽については現時点で不明です。
情報が確定したものではないことをご理解、ご注意ください。

西原理恵子さんの娘の鴨志田ひよさんは、2020年2月からはてなブログで自身の思いや考えを綴っています。

全部で60投稿近くある投稿の中で、母親からの暴言や扱い、それによる自身の精神病や行動などに関するものを抜粋してお届けします。

闇ブログ①18歳まで娘が『おねしょ』しても親はスルー

『おねしょ』2022年4月28日

・実家にいた18歳まで頻繁におねしょしていた。その要因は医師によるとストレスによるものと言われた。
しかし、母親は小児科に相談するなどその要因の解決などは図らなかった。

・小学生の時、おねしょが治らない私(鴨志田ひよ)に、親(西原理恵子)は『布団を濡らさない』ということを1番に紙おむつを履かせていた
・紙おむつを履かせられることが子供ながらに屈辱的だった

・大学生になり一人暮らしをすることになって、1度もおねしょをすることがなくなった。また、生理もいつ来るかわかるようになったため、布団を汚して掃除することがなくなった。

闇ブログ②12歳の時にブスだからと二重に整形

【顔画像】西原理恵子の娘•鴨志田ひよのブログとLINE

『手首』2021年9月15日

12歳の時に母親から『ブスだから』という理由で下手な二重にさせられた

・リストカットを繰り返した手首の手術をするかもしれない

・この手首があと少しだけ弱くあと数ミリ、静脈が太かったり表面に近かったら、いま私はいない

闇ブログ③母親に心配してほしいための死

『恨み辛み』2021年6月23日

・冒頭は『未成年の病は金になるね』から始まる
・自分が死にたがりの理由は自分が死んだ後の周囲の動きや親がどんな感情になるか知りたいため➡︎初めて心配して欲しいのだと気づく

・精神科のカウンセリングの先生に『死なない程度に出血したり、線路歩いて保護されたらお母さんは心配してくれますか?』と聞くが、『絶対にない』と断言される

・死んでも1番悲しんで欲しい人に悲しんでくれないなら死ななくていいやって思う。しかしそれが一番堪える

闇ブログ④許可なく個人情報を本にされた

『♥』2020年9月21日

・なぜ、お母さんは私の許可なく、個人情報を書いて出版したの?
母親から『今まで私が全て間違っていました、ごめんなさい』と言われたが、結局出版され、SNSにも書かれた

・私は完全に壊れてしまい多くの人から治してもらっているが、お母さんは治してくれない。

・自分のことが書かれている母親の著書は教育本とされているが、その本を多くの子供が読むことになることに申し訳なく思っている

削除された西原理恵子の娘の闇ブログの内容

削除された闇ブログ①西原理恵子が放った暴言の数々

【顔画像】西原理恵子の娘•鴨志田ひよのブログとLINE
母親の西原理恵子

【削除された鴨志田ひよのブログ】
・親戚のおじさんから『母親の考えでひよはこれから一人暮らしすることになった』と言われた。その時高校3年生。
・母親はあば●れ、ク●女、ヤ●マン、ゴミなどと言ってきて、個人情報をばらして、そのためにメンタルが壊れて精神病になった
・そのせいでバイト先に変なおじさんがきた

・学校でからかわれたりした

削除された闇ブログ②母親による兄との愛情格差

【削除された鴨志田ひよのブログ】
・母親の西原理恵子が無断で自身の出版物に本名、外見、仕事歴、精神病を掲載し、お儲けした

・しかしリストカットしたことは書かれていなかった
・精神科で家庭環境を聞かれ、児童相談所に通報しますと言われた
・兄は自宅の洗面所を使うことを許されていたが、自分は許されていない

削除された闇ブログ③学費も生活費も出さない

【削除された鴨志田ひよのブログ】
・最初は大学の学費を出さないと言ってきたが、勝手に振り込んできた

⬅︎ちなみに、兄は高校時代に海外留学させ、大学も普通に進学させている。

・高校3年の3学期、毎日過呼吸や手首がズタボロ(リストカット)になるまで罵られた
・5万円を毎日突然渡してきて、ありがとうと言わなかったと永遠に罵られて、泣きながらありがとうございますというプレイを日々させられた

まとめ

西原理恵子さんの娘・鴨志田ひよさんはブログの中で、

・母親からの愛情が欲しかった、心配して欲しかった
・兄は溺愛されていたが、自分には愛情が感じられなかった
・自分の個人情報を母親の作品で晒してほしくなかったが、晒されて傷ついた

・母親のことは血縁者、実家のことは実家と呼びたくない

など、母親からの愛情が欲しい一方で、
母親と認めたくない感情が常にあり、22歳になった今も母子関係に苦しんでいるようです。

今後、母親の西原理恵子さんが何らかのコメントなどする可能性もあります。

これからの西原理恵子さんと鴨志田ひよさんの動きにさらに注目していきたいと思います。

【関連記事】母親の西原理恵子さんから娘の鴨志田ひよさんに送ったLINEも毒母すぎる!⬇︎⬇︎⬇︎

目次
閉じる