坂口杏里の旦那は福島進一で元女性バツイチ!仕事はバー経営&格闘家

坂口杏里の旦那は福島進一で元女性バツイチ!仕事はバー経営&格闘家

【速報・追記情報】坂口杏里と福島進一がスピード離婚!双方の言い分とは?

2022年66月8日に結婚発表があった元タレントの坂口杏里さん。

その結婚相手が一般人男性で、元女性と話題になっています。

その人物こそイケメンで"おなべ"である福島進一さん!

ということで今回は

・坂口杏里の元女性の結婚相手、福島進一ってどんな人?
・福島進一が女性から男性に至った時系列
・福島進一はバツイチ
・福島進一の現在の仕事はバー経営&格闘家
・坂口杏里と福島進一の馴れ初め

などについてお届けしていきたいと思います

目次

坂口杏里の旦那は福島進一

福島進一のプロフィール

はじめに坂口杏里さんの旦那さんについてご紹介していきます!

一般の方とはいえ、元タレントの坂口杏里さんの旦那さん。

積極的にSNSで自身のことを発信しているので、結構いろいろなことが明らかになっています。

【福島進一プロフィール】
氏名:福島進一(ふくしま しんいち)
改名前:福島美沙子(ふくしま みさこ)
出身地:東京都
生年月日:1990年8月14日
身長:165cm
職業:新宿歌舞伎町-BARはいから店主
長所:女性の痛みを知り男の急所がない。
将来の夢:輝いて稼ぐ
マイブーム:キックボクシング

福島進一はクォーター

爽やかなイケメンで優しげな雰囲気の福島進一さん。

父親は日本人で母親はアメリカ・フィリピンのハーフなんだそうです。

そして母方の父親はスペインとスペインのハーフ。

つまり福島進一さんはクォーターということになります。

威圧感の全くないきれいめなイケメン男性としてかなりモテそうな顔立ちですよね。

坂口杏里の旦那•福島進一は元女性

FtMとは

坂口杏里さんの旦那の福島進一さんは
一般的にFtM(エフティーエム)というカテゴリーに分類されます。

FtMとは、トランスジェンダーに含まれる1つのカテゴリー。

女性の体で生まれたが、精神的には男性という意味合いを持っています。

FtMとは「女性から男性へ(Female to Male)」の略語。
女性の体で生まれてきたものの、男性として生きることを望む人を指す。
LGTBQ+の「T」にあたる、トランス(トランスジェンダー ※1)のグループのアイデンティティの一つだ。

https://ideasforgood.jp/glossary/ftm/

福島進一さんのように体は女性でも、
男性として生きたい人はこのFtMに分類されているのです。

女性の体で生まれたが、幼少期から自身を男性と認識し、19歳の時にホルモン注射での治療を開始。25歳で性別適合手術を受け、戸籍を男性に変更した。

LGBTER

性別適合手術まで受けて男性として生きることを決意したんですね。

実際、福島進一さんと似たような価値観を持つ人は少なからずいるようです。

女性から男性へ時系列まとめ

坂口杏里と福島進一

既に幼少期から心は男性だったという福島進一さんですが、女性から男性への時系列も気になるところ。

そこで以下に簡単にまとめてみたので、是非参考にしてください。

・19歳、ホルモン注射開始
・19歳~21歳男らしい体づくりをする為荷揚げ屋で2年間働く。
・その後は鳶職3年、荷揚げ屋2年、施工管理と現場仕事を7年経験。
・25歳性別適合手術(子宮摘出)を受ける、「美沙子」から「進一」に戸籍変更
・27歳~29歳営業職に2年間勤務。貯金を使い胸オペを完了

という感じで着々と男性への道を歩んできました。

ちなみに以下は福島進一さんの幼少期の写真。

坂口杏里の旦那の福島進一の幼少期の写真

これを見ると可愛らしい女の子ですが、今では立派な美男子に成長。

長い間男らしくなろうと努力してきたからこそ、福島進一さんの今があるわけですね!

学生時代に女子校で壮絶ないじめ

福島進一さんはソフトボールの特待生で女子校に入学しています。

女子に囲まれたハーレムな学校生活を期待するも、同級生達からは差別的な視線を浴びてしまうことに···。

【同級生の女子】
「何で男子が女子校に入ってきたの?」

納得のいかない周囲の同級生は、福島進一さんに陰湿ないじめを始めました。

暴力的ないじめではなく、陰湿なものだった。
あからさまに避けられたり、聞こえるように悪口を言われたり。
靴を隠されたこともあった。
「授業中は塞ぎ込んでいて、部活で発散する毎日でした」

https://lgbter.jp/shinichi_fukushima1/

更に高校3年生の時にはお尻を蹴られることに!

このようないじめをたまたま知った父親は、福島進一さんのお姉さんとお兄さんに相談。

すると2人はサングラスをして校長室に乗り込み、校長と教頭にいじめ加害者の親と話し合ったそうです。

この時お姉さんは福島進一さんに、
「いじめに耐えてる自分を超かっこいいって思ったら、気持ちがラクになるよ」とアドバイス!

それが福島進一さんがポジティブに生きるきっかけになりました。

上の画像は福島進一さんが通っていた女子校です。

調べてみると東京都武蔵野市吉祥寺にある藤村女子中学・高等学校だと判明。

福島進一さんが自らTwitterで明かしていましたよ。

坂口杏里の旦那•福島進一はバツイチ

25歳の時に男性として結婚も離婚

坂口杏里の旦那の福島進一と元嫁

25歳の時に性別適合手術を受け男性になった福島進一さん。

当時既に交際していた方がいたようで、戸籍変更後に結婚しています。

しかしFtMであることを奥さんは親族に伝えていませんでした。

それは元々の奥さんの方針によるもの。

徐々に違和感を抱いた福島進一さんは半年で離婚を決意。

性別・Ftmに関連することで大変な思いもしたのですね。

離婚直前に『新婚さんいらっしゃい!』に出演していた

福島進一の新婚さんいらっしゃい出演画像

『新婚さんいらっしゃい!』といえば
誰もが知っているカップルが出演する定番番組ですよね。

福島進一さんは27歳の時(2018年4月29日)に、当時の結婚相手(一般女性)と出演していました!

お二人とも本当に仲が良さそうに見えます。でも2018年10月頃には離婚。

新婚さんいらっしゃいへの出演は、離婚直前と言ってもいいです。

前述したように”おなべ”を親族に隠すのが奥さんの方針だったということで、徐々に夫婦間で考え方のずれが広がっていったようです。

坂口杏里の旦那•福島進一の仕事はバー経営&格闘家

現在の仕事①バー経営『BARはいから』

坂口杏里さんの旦那・福島進一さんの現在の仕事はBAR『はいから』の店長。

バー経営をするようになったきっかけは、
「あんたの顔面の系統は歌舞伎」などとお姉さんに言われたことがきっかけ。

お姉さんはなんと歌舞伎町の元売れっ子キャバ嬢だったそうです!

その影響もあり自然と水商売にも興味を抱いたのだとか!

BARはいからの店舗詳細はこちらです。

店名:新宿歌舞伎町BARはいから(HAIKARA)
所在地:新宿区歌舞伎町1-3-15カテリーナビル4F
営業時間:1部24:00-6:00、2部7:30-16:00。3部17:30-23:00
セット料金一律:5,000円
フリータイム:鏡月、割り物飲み放題、カラオケ歌い放題

『BARはいから』はBOX席4席とカウンター席が8席の小じんまりとした店内ですが、とてもアットホーム。

カッコいいイケメン店長に会いたい!
または楽しくお酒を飲みたい方は是非訪ねてみては?

現在の仕事②格闘家

現在の福島進一さんには『BARはいから』の他に格闘家という別の顔があります。

以前からキックボクシングに憧れていて、いつか男としてリングに上がりたかったそうです。

そのため、男性になってからの約6年間、必死に練習して、

遂にバー経営者兼ホスト格闘家として「宴~UTAGE」に出場し、現在も活躍中です。

昔の仕事はとび職や『おなべバー』のホスト

福島進一さんは現在の仕事に就くまでに複数の仕事を経験しています。

18歳~19歳の時点では飲食関係のアルバイトを経験。

この頃からおなべバーでホストとして働いていたようです。

また、19歳から21歳までは荷揚げ屋でもアルバイト。

さらに鳶職などの現場仕事を7年間も務めました。

男らしくなりたいという思いを胸に頑張ってきたのですね。

坂口杏里と福島進一の馴れ初め

坂口杏里と旦那の福島進一

坂口杏里さんと福島進一さんの馴れ初めですが、詳しいことまで分かっていません。

ただこんな情報がありました。

今年の5月に歌舞伎町で出会った女性と交際が始まり、その女性もお店に雇い、現在は同棲し、後には結婚も考えている

一般社団法人gid.jp

この頃、坂口杏里さんと福島進一さんは歌舞伎町界隈で働いています。

坂口杏里さんは歌舞伎町のキャバクラ勤務だったので、
坂口さんが福島さんのバーを訪れ一目惚れなんてパターンだったのかもしれません。

【速報】坂口杏里と福島進一がスピード離婚!双方の言い分

坂口杏里の離婚記事

2022年8月15日、坂口杏里さんと福島進一さんが離婚を発表しました。

坂口杏里さんは自身のインスタグラムのストーリーズで、以下のコメント発表しています。

【坂口杏里】2022年8月15日のインスタグラム
「離婚は成立しました」
「せめて彼の誕生日が終わるまで仲直り夫婦でいる事、我慢していました」

坂口杏里さんは離婚報告と同時に自身の言い分を吐露しています。

しかし、ここ最近もずっと旦那の福島進一さんに対しての不満をSNSで暴露していました。

【坂口杏里】離婚直前の8月7日のインスタ
YouTubeでは自分の株価上げて、優しい旦那演じてますけどこれが本当の本性です。離婚したい。出ていきたい

夫婦間の問題をSNSで暴露するという、かなり末期症状に感じますが、

旦那の福島進一さんも離婚時のインスタグラムではこれまでの我慢を爆発させています。

【坂口杏里の旦那の福島進一】2022年8月15日のインスタグラム

「昨日は妻のお陰で幸せな誕生日になりました」
「ところが、それは束の間でした」
「元々、今日はお店を開ける為に朝から早く出る予定でしたが 妻から『ここまでいい思いさせたのに仕事を取るの?』と、迫られ、今まで我慢してきましたが このまま妻の言いなりになれば お店のお客様や、お店を任せてくれたオーナー、そして僕の家族に被害が被ります」

「僕は妻の為に店休日を作ったり お店が暇な日には早上がりして早く帰宅をしたり 家ではマッサージをしてあげたり 妻の前ではスマホを弄らず、妻が弄るスマホを一緒に見たり 妻の悪い部分ではなく、良い部分だけを見て守っていこうと思っていました」

この妻のTPOを弁えられない下品さには僕はもう耐えられません。僕の仕事を理解出来ないようであれば離婚を選ぶしか他無いです。今までずっと黙って来ましたが 僕の堪忍袋の緒が切れました。これ以上は僕も限界です」

完全に泥沼離婚に終わってしまったようですね。
しかも夫婦間で金銭問題まで絡んでいるので、今後も後を引きそうな予感がします。

結婚発表からわずか2ヶ月のスピード離婚に、
世間ではこれまでの言動を非難の声と、今後の杏里さんを心配する声が上がっています。

目次